税務調査が入る会社の特徴

税務調査が入る会社の特徴

税務調査とは会社が毎年行う税務申告の内容が正しいかどうかを税務署が調査することです。



税務調査が来る頻度は会社によって全く異なります。

会社を立ち上げてから3年目に来る場合もあれば、10年経っても来ない場合もあります。

税務署では法人を「継続管理法人」「循環接触法人」「周期対象外法人」の3つのカテゴリに区分しています。
継続管理法人は多額の不正が見込まれる会社であり、4年に一度調査が行われます。


循環接触法人は不正に加担している可能性がある会社であり、3年に一度調査が行われます。

横浜の法律事務所情報を選びました。

周期対象除外法人は事業規模や経営者などに大きな変化が見られ、申告内容を改めて確認する必要のある会社であり、10年近く調査が行われない場合があります。

相続借金の情報が更新されています。

税務調査が入りやすい会社とそうでない会社があり、以下のポイントに当てはまる場合、調査が入る可能性があります。

安心をコンセプトにした大阪の会社設立に関する耳より情報です。

1つ目に黒字経営である場合です。



赤字経営の場合は節税や利益調整を行う必要がないため、黒字経営の会社が優先されます。



しかし赤字経営でも、同規模、同業種の会社と比べて利益率が極端に低かったり、原価率や人件費率などが極端に高かったりすると、偽装赤字として疑われて調査が入る場合があります。


2つ目に消費税の還付を受けた場合です。

売上に対する消費税よりも支払った消費税が大きくなると、その部分の消費税が還付されることになります。
このような税金還付に対して税務署の対応は厳しいため、還付申告を行う場合は還付理由を裏付ける資料を事前に整えておく必要があります。3つ目に売上や利益が急激に増している場合です。



売上や利益が伸びた会社は、経営者が納税額を抑えようとする場合があり、申告内容に漏れや誤りがないかなどで調査対象になる可能性があります。



4つ目に多額の日経常的な経費によって利益額が抑えられていると見える場合です。

関連リンク

税務調査の事前通知がない場合

税務署などの職員には、国税通則法とよばれる法律によって、所得税や法人税などの納税義務者に対する質問検査権が認められています。この権限によって行われる税務調査についても、国税通則法のなかに具体的な規定があり、これによれば、対象となる納税義務者やその代理人の税理士などに対して、税務調査を行う日時や場所、税目とその期間、帳簿書類などの対象物といったことがらについては、あらかじめ通知しなければならないものとされています。...

more

税務調査は教えを乞うつもりで

税務調査というとたいていの企業では迷惑そうな顔をしたり、先延ばし出来ないのかというように逃げたりしたくなる感じがあります。イメージ的には、会社の帳簿類を隅から隅まで、ほじくり返され、あらさがしされ、最後は予想外の税金を納めろということになる事例が頭に浮かぶからなのでしょう。...

more