税務調査で調べられることは - 税務調査が入る会社の特徴

税務調査で調べられることは

税務調査では、次のようなところが調べられます。
調査官は、売り上げの計上時期の間違いや操作などを最も多く調べます。



売り上げの計上時期をずらしたり、時期の間違いなどを確認して、その気の決算で計上するべき売上がないかを重点的にみます。
次に、交際費です。



社長や社員の個人的な経費の使用などが必ず確認されて、誰と行ったかなど細かいところまで聞かれます。



とくに、社長の自宅の近くやゴルフの領収書は、念入りに調べられることが多いです。

また、在庫の計上漏れも指摘されます。期末に仕入れが多くあって、在庫が少ない場合は注意されます。



これは、駆け込みでたくさん仕入れをしてから、経費して税金を減らしたどうかを見ています。



売り上げの計上漏れは、ミスで漏れたのか、それとも意図的に漏らしていたのかを調べます。


売上代金を代表者の個人の支出にしていたり、個人口座に振り込まれていないかなど、個人の通帳も調べることもあります。計上漏れを防止するには記帳が大切で、会計ソフトなどもあるので、きちんとお金の管理をした方が安心です。



そして、架空の人件費も調査されます。
架空の人を入れていたり、働いていなくても身内などを入れていると指摘を受けます。



このときに、源泉徴収簿なども調べます。



万一のときに備えて、日頃から税務調査に強い税理士に相談しておいた方がよいです。

税理士なら、代わりに税務署に税法にあった内容で説明をしてくれます。税務調査対策のために、顧問の税理士などがいれば安心です。

関連リンク

税務調査の事前通知がない場合

税務署などの職員には、国税通則法とよばれる法律によって、所得税や法人税などの納税義務者に対する質問検査権が認められています。この権限によって行われる税務調査についても、国税通則法のなかに具体的な規定があり、これによれば、対象となる納税義務者やその代理人の税理士などに対して、税務調査を行う日時や場所、税目とその期間、帳簿書類などの対象物といったことがらについては、あらかじめ通知しなければならないものとされています。...

more

医者は税務調査のカルテ提示要求に応えるべきか

医者のところに税務調査官が来た場合、医者は全面的に協力する必要があります。税務調査官には調査対象者に質問をして帳簿書類などを検査する権利が認められています。...

more